葬儀(10月7日)

前日の夜から秋田のヤンさんの実家にいます。

この日は、ヤンさんの親戚の葬儀のため 少し離れた地域まで出かけました。


そこで、初めての神道の葬式を経験。
(なお、私の実家もヤンさんの実家も曹洞宗です)

いろいろ新鮮です。

数日前に林修先生の番組で神道と仏教のちがいなどやっていたのをダラダラみたのですが、すこーし役立った・・・かな?

神道の葬儀に不慣れなのは 他の参加者(ヤンさんのいとこ)も同じならしく、コソコソとそのことで話がもりあがる。

出棺から火葬、葬儀、直会まで 一日かかりました。

なにせヤンさんも初めて会った人や 何十年ぶりの人もいましたので、私にとってはほぼ知らない人ばかりです。

でもみなさん いいひとでした。



直会の席でヤンさんがアルコールを飲んでしまったので、帰りは私が運転しました。

ヤンさんの実家に帰宅したのは夜の10時ぐらいでした。















亡くなったのは ヤンさんの伯父さんです。

冠婚葬祭以外にも、何度かお会いした人です。

とても穏やかな優しい人で、奥様と仲良しで、ヤンさんの実家にも夫婦連れ立ってきたりしていました。

私とヤンさんは 急におじゃましたこともありましたが(なんともご迷惑)、温かくもてなしてくれました。


病気だったわけではなく、いつも通り過ごしていて お風呂でたおれて そのまま亡くなりました。

誰もが驚きましたが、誰にも迷惑をかけることなく逝ってしまったのは ある意味理想的だという意見が多かったです。

葬儀の際、お別れの言葉をお孫さん三兄弟が読みました。

二十代の長男を筆頭に 三男は高校生というお孫さんたちが、こらえられない涙を流しながらの別れの言葉です。
すごく好かれたおじいちゃんだったのだなーと 伝わりました。
涙を誘いました。



仏教と違って、ご冥福をとか言わないそうですね。

そして、なくなった人は、50日間お家で過ごしていると考えるそう。

(そこは、49日間いると考える仏教に似ている気がします。)

奥様とご夫婦二人住まいだったので、ひとりぼっちの奥様が少し心配です。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ウーロンパンダ

Author:ウーロンパンダ
毎日ご飯。ほんとは 作るより食べるのが好き。
プチ転勤族。ミーハーでマニアックで飽きっぽいけど執念深い。アンビバレントな性格。体動かすのは好きだけど、インドア気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる