トマトとゴーヤのチャンプル(9月28日)

トマトとゴーヤと豚肉のチャンプル
イカのごろ煮
かぼちゃの煮物
味噌汁(酒粕入り)






この日 出勤していくヤンさんを見送ろうとして気づく。
玄関のタタキの上のヤンさんの片足は シッカリ私のスニーカーを踏んづけていました。

指摘しても気付かないくらい、自然なことなのにも驚く。

脱ぎっぱなしがよくないのかもと、むりやり靴箱にかたしました(今住んでるアパートの靴箱は狭くて使いづらいのだけど。斜めにしないと私の靴は入らないし、ヤンさんの靴はほぼ入らない。小さい靴しか入れることが出来ないの)

私の靴を、飛び石みたいな使わないでー

大事に履いてるのに、ぺちゃんこじゃないのさっっっ!




おまけ、この日の私の靴下。


サメだよ。

スポンサーサイト
[2016/09/28 23:06 ] | ご飯 | コメント:(2) | トラックバック:(0) |
お米(9月27日)
この日届いた荷物。


茨城産こしひかり!
ふるさと納税、キターッ

(米がほんとに底をついていましたから、ホッとした。)


夕飯は、サンマ。

初ものです。

ご飯、早速炊いた。

おいしー






以前から、ヤンさんとLINEの無料通話をしようとすると、ヤンさんから音声が聞こえないというトラブルがありました。

なんだかな~と思っていたら理由判明!

ヤンさんのスマホの画面に貼ったフィルムが 音を拾うところまで覆っていたらしいです

LINE通話のたびにイライラされていたので、なんかもう、拍子抜けというか、それみたことかというか
[2016/09/28 23:05 ] | うれしいこと | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
炊き込みご飯(9月26日)

炊き込みご飯
ゴーヤチャンプル
もずく酢


お米が足りなくて もち米はあったので 苦肉の策の炊き込みです。

以前実家から発掘(?!)した冷凍庫の栗とか椎茸を入れました。

結構おいしい。

ゴーヤチャンプルは いただきもののゴーヤを使用。




続きを読む
[2016/09/26 23:24 ] | ご飯 | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
おでん(9月25日)

この秋 初おでん。



・・・この日 結構気温が高かったにも関わらず、おでん。

汗、出ました。
失敗


他に ゴーヤサラダ


[2016/09/25 22:32 ] | ご飯 | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
恐山(9月24日)
土曜日、恐山に行きました。
せっかく下北にいるわけだし、父の一周忌も過ぎたわけだから。

(ちなみに 亡くなってから一年以内には行かないほうがいいそうなのです。理由は、まだ 亡くなったかたの魂が恐山までたどり着いていないかららしい)


恐山の手前の『冷水 ひやみず』で、清めて。





受付。


総門から入る




おじゃまします。


山門


水子供養のお地蔵様とそれを囲む風車。



水で清めて。

ちなみにそばにあった亀の石像が気になりました。





住職が読経していて、いいお声がひびいていました。


石像、気になる私なのです。




『熊に注意』



奥の院から 全体を見る。





奥の院の不動明王。


なぜか、劇画チック




奥の院から降る。







「昔来たときより、おどろおどろしくないね」とヤンさんはいうけど、写真見直すと 結構雰囲気ありますね。



血の池地獄と銘打ってあるのですが、それはそれは清らか。




宇曽利湖



辺りに風車。



なんだかぼーっとしていたくなる、そんな湖です。



↑東日本大震災で亡くなった方を弔う石像。



まむしもいるのね。




五智如来



恐山全体を見守るかのような、延命地蔵尊











休憩所にはイタコさんがひとりだけいました。
(恐山大祭のシーズンには沢山のイタコがいるらしいです)

調度、くちよせをしてもらってるようでした。

私もやってもらいたい気がしましたが、何を言われても泣いてしまうと思うし、まあ、結局やらなかったです。



記念に霊山アイスを食べました。
(アイス屋さんのおばあちゃんは 後ろの車の中で居眠りしてました。)


和風な色合い。
ブルーベリーとヨモギとミルクのミックスです。
味も、和風。



帰り、『三途の川』に寄る。



『マムシ注意』とか『ポケモンgoはやらないでください』など、注意書きがあります。

この赤い橋、どうしても渡る気にならず そばで見ました。
他の観光客は 渡ってます。



三途の川を渡ろうとする人の身ぐるみをはがすといわれる二人の石像。

奪衣婆と懸衣翁。

奪衣婆のことは 父の湯灌のときに湯灌師(おくりびと)とか葬儀屋さんからきいた。
草履まではとらないから、草履の裏にお金を入れてあげるの。

そして、耳元で「どこどこにお金入れたよ」と教えてあげるように言われました。






川は、とてもきれいです。










続きを読む
[2016/09/25 22:31 ] | お出かけ | コメント:(2) | トラックバック:(0) |
ガレット(9月23日)

初めてガレット作りました。

いつも 千切りのじゃがいもを固めて焼いたタイプのものはよく作っていたのですが クレープみたいなタイプは初めて作りました。


ヤンさんがいないこの日、一人で作って食べました。
おいしかった

以前から作ってみたかったのです。




この日、久しぶりにフィットネスへ。

旅行してたら なんだか体重増えちゃってたのです。

久しぶりに汗かいて 気持ちよかったです。

同じく旅行していたフィットネス仲間からお土産もらった。


私の方は なんと、誰にもお土産買ってません。
買いそびれた。
ホテルで買っちゃえばよかったな。
栃木のレモン牛乳のお菓子、買いたかったのにな。
あと、福島のままどーるも。
(ままどーるは、自分用に


別のフィットネス仲間からは、ゴーヤもらったり、もらってばかりのこの日のわたしです。

ありがとう、みなさん。
[2016/09/25 22:29 ] | ご飯 | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
生姜焼き(9月22日の夕飯)

生姜焼き
味噌汁
麦ご飯
アボカド

久しぶりに作った夕飯。

ふるさと納税でもらったお肉での調理です。




あとからイカのごろとゲソでつまみを作りました。





祝日のこの日。

旅行で発生した洗濯物を片付けたり、部屋を掃除したり、たまった録画したテレビ番組を見たりして過ごしました。

前日の就寝時刻が遅かったから、朝起きるのも遅くなったしね。
[2016/09/22 23:45 ] | ご飯 | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
あきら
先日、宿泊していた ホテルニュー塩原の話。

そもそも、どうしてこのホテルにしたかというと、テレビの『マツコの知らない世界』で紹介されていたのをヤンさんが見て 興味を持ったから。

宇都ノ宮晃(うつのみやあきら)という歌手のショーが面白そうだったからなのです。

でも、私らが宿泊した時は アキラのショーはなくて・・・


↑スケジュール


ホテルの売店↓



ホテルに来た記念に タオルを買いました。



・・・ちょっと恥ずかしいタオルですが。




続きを読む
[2016/09/22 17:22 ] | 気になること | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
大内宿(9月21日)
サファリパークの後、福島県に向かう。

大内宿へ。






小川で冷した飲み物を販売しています。


お昼ご飯食べるのです。

名物のネギ蕎麦食べなきゃなー。

こんな蕎麦。


ねぎで食べる蕎麦。
時々かじってみるのです。



ヤンさんは ねぎをめっちゃ齧ってて、
「からーい」と言ってました。
ヤンさんの食べ終えた後は、ねぎが 短ーくなっていました。


蕎麦を食べた店の入り口。


普通に古民家です。

仏壇とかご先祖の遺影とかありました。

実家に来た気分。

土間で待ってるときは 何かお遣いに来た子供の気分でした。



通された席から外を見るとこんなん。



お蕎麦、コシが強くておいしかったです。

やってみたかったこと、『大内宿のネギ蕎麦を食べる』が出来て 嬉しいです。




続きを読む
[2016/09/22 17:21 ] | お出かけ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
サファリパーク(9月21日)
旅行中で、那須にいる時の続き。

9月21日の朝ごはん。


2泊しました。




ホテル行く辺りの風景。






ホテルを後にして向かったのは、


那須サファリパーク!


ライオンバス。
これで、園内を、周ります。



ちなみに、トラバージョンもあるみたい。





しゅっぱーつ!




ライオンさーん、寝てる。





メスのライオンさんたち。



普通のライオンに見えますが、ホワイトライオンならしいです。
子供の頃は白かったらしい。





キリンエリア。


近え!


草食動物のためのエサを買っといたもんね。

内容↓




「もっとくれ」





カバは 背中しか見えない。





とかいってるうちに、ロバ接近。





鹿。







虎。








シマウマ。




後で別のコーナーから園内を見る。







キリン、うろうろ。



ラクダ。










[2016/09/22 17:20 ] | お出かけ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
| ホーム | 次のページ>>