馬門スキー場(1月31日)

ヤンさんに誘われて スキー場へ。

スキーやるの、2年ぶり。

ヤンさんは スノーボード教室でレクチャーを受けるというので、私はなぜか、ぼっちスキー。



スキー、そんなに好きなわけでもないので、なんだかな~と思ったのですが 結構楽しい。

一人でリフトに乗って 行って マイペースで下りてくるのを繰り返しました。






上の方まで行く第三リフトに乗るのが面白かった。

雪のなかにうさぎの足跡がたくさん続いているのが見えました。

リフトの上から写真撮りたかったけれど、スマホ落としたらイヤなので 我慢しました。


昼、ヤンさんと合流して 昼食。

↑私は、天ぷらそば

ヤンさんはカツ丼↓



午後から 二人でリフトに乗って 中腹ぐらいまで行きました。

私は脚が疲れて踏ん張れなくなってきて、むこうずねのあたりの靴が当たるところが痛くなってきたので 一本滑って 休憩。

ヤンさんは 一人でボードの練習。

私がロッジにひきあげたとたん、晴れて 気持ちよい天気に。

さすが。私は 雪女なのです。
雨女ならぬ 雪女。




帰り、七戸のさかた温泉に寄って入浴するも、あまりに混んでいて すぐ出ました。
大衆浴場的な温泉なので、夕方は混むのでしょう。

300円以下で入れちゃうし。

温泉から出発してから、私の時計がなくて、大騒ぎ。
温泉にも電話したし、ヤンさんには車で途中まで戻ってもらったし。

・・・そしたら、スキーウェアのポケットから出てきた。マイナーな場所のポケットから。
ポケットが多過ぎて わからなくなってしまったの。

ヤンさん、温泉の人、ごめんなさい。




この日の夕飯。

生姜焼きと けんちん汁など。


スポンサーサイト

イタリアンな 夜食

夕飯というか、つまみというか、夜食的なもの。





にんじんしりしり的なサラダ

ムール貝のパスタ↓



チルドのピザ



翌朝、結構早く起きる予定なのに 夜な夜な 食べて飲んで、しかも満腹。


蒸し鶏のエスニックライス(1月29日の夕飯)


蒸し鶏のエスニックライス
和風スープ

蒸し鶏のエスニックライスは高山なおみさんのレシピを参考にしました。
久しぶりに作った料理です。
おいしく出来ました。

ワイン飲みました。


ヤンさんがつまみを作ってくれた。

豚タンのガーリック炒め。




この日は フィットネスクラブで筋トレとピラティス。
実は ピラティスが、一番疲れます。
地味だけど、じわじわ効くのです。



この日見たもの。

つらら・・・というか 氷の塊。


カレーライス(1月28日の夕飯)


カレーライス
サラダ
ヨーグルト
花豆

カレーライスには パイカ(豚の軟骨)を入れました。


あと 数日前から仕込んであった 花豆の煮豆が、この日 完成。


出来栄えは まあまあかな。

柔らか過ぎる気もするのです。
もっと もっちりむっちりさせたかったので。

とは言え、おいしく食べてます。

ポリフェノール、たっぷりなかんじ。

憧れの(?)花豆の煮豆を自分で作れて うれしいです。

鶏つみれなべ(1月27日の夕飯)



鶏つみれなべ。

寒い夜に しみるう




この日、フィットネスクラブで筋トレしていたら、いつもはあまりいない、コアなトレーナー系のスタッフがジムの辺りにいました。

マシンやってたら、私のやり方が気になったらしく、直されました。
リスペクトしてる人なんで、素直に言うこと聞く私です。

すごく効いて、その分クタクタですけどね。




帰宅後、やったこと。

実家の分の寒中見舞いと自分の分の寒中見舞いを宛て名書いたり、近況書いたり。



実家の分のは、得に、失礼があってはいけないと緊張していたせいか、くたびれるは、時間はかかるは。

気づくと夕方。
かちかちに凍った道を、よちよち出かけて ハガキ投函と買い物をしました。
日が高いうちに出れば、道はそんなに凍っていなかったのにね。

湯豆腐(1月26日の夕飯)


湯豆腐
焼きいか
ギバサ
ポテトサラダ
ご飯


湯豆腐の鍋に しめじも浮いてます。



この日 歩いて出かけた。

雪の官庁通り。


青森県の中では雪が少ない方な十和田ですが 最近 雪、あります。


図書館いったりしてから、ミニストップで休憩。

フォンダンショコラ。
キャラメルオレンジ。

おいしかったです。
上のソフトクリームが特においしい。
次の機会には、キャラメルソフトをたべよーっと。

カロリー補給して、ふたたび歩いて 買い物などもして帰りました。


歩きすぎて、帰宅後 しばし動けず。

ゲゲゲのおことば

最近まで 水木しげる先生の本を読んでいました。

『人生をいじくり回してはいけない』というタイトルの本です。

本屋で文庫本を見て興味を持ったのですが、図書館でハードカバーのものがあるのを見つけたので 借りて読みました。


その中から、ちょっと気になった箇所。


 死にたいという者に、「生きていたら必ず幸せになる」と言うことは、実はとても難しい。死ぬのもそんなに悪いことではない。死というのは無に帰ることだから、良くも悪くもない。生きていても無に近い人だっている。
九割は方はそうではないのか。

 もし本当にいじめによる自殺を止めようというのならば、子供たちに「幸せになる術」を身につけさせる必要がある。自分にとっては何が幸せなのか、そのためには何をすればいいのかを考える習慣を、それこそ学校で教えてはどうだろう。

 「幸せ」というのは厄介なものでカシコイ人、エライ人の決めた単純な方法を守っていても、必ずしもうまくいかない。
ひとつの道に固執するのは、かえって「幸せ」の可能性を狭めることになる。
私は学校からも追い出され、会社に入ってもうまくいかず、そのたびに殴られたり笑われたりした。
戦争では片腕を失くしたりもした。
それでも平気だったのは、いつも自分にとって楽しいことを見つけ、自分が幸せになる術を身につけていたからだ。

  水木しげる
  『人生をいじくり回してはいけない』より



・・・この文は 本のわりと序盤に出てくるのですが、ここを読んで なんかもう この本に出会えてよかったと思いました。
もう、満足して 読むのやめてもいいやと思うほどに。

いや、ちゃんと 最後まで読みましたよ。




他に借りてあった本たち。


群ようこさんの本など。






続きを読む »

麻婆豆腐(1月25日の夕飯)


麻婆豆腐
メカブ
野菜ときのこの優しいスープ
ご飯


適当に作ったけど、おいしく出来ました。


寒中見舞い

寒中見舞いが、ぽつぽつと届きます。

うちは喪中なので 年賀状無しなのです。

今回 寒中見舞いをもらって、その良さを再確認。

年賀状ほど華々しくないけれど、ほんのりとうれしいものですね。

年賀状だと、年始の慌ただしさに紛れてしまうけれど、寒中見舞いは じっくり見ることができてるきがします。

特に気に入ったものを 貼って眺めてます。



・・・私も 出さなきゃ、寒中見舞い。



1月24日の夕飯。

ピカ子なべにリトライ。

今回は、ちゃんとシジミでやりました。

けれど、ヤンさんは、イマイチ醍醐味がわからないそう

・・・もう、作ってやんないよ、ピカ子なべ。

一人のときにやるもんね。


オイルヌーヴォー

年末あたりに買ったもの。



TSUBAKIの2015冬季限定オイルヌーヴォー。

1年前も2014バージョンを購入しました。

ボトルの感じがかわいいなーとかったのですが、髪に使用した感想も
よかったです。

香りも好きだし。

中身がなくなってからは、他のものをいろいろ詰め替えて使っています。

私の好みのシャンプーは、すっきりした洗い心地で地肌にもいいもので 香りが好きなもの。

コンディショナーは しっとりつやつやの使い心地だけど、べっとりしすぎず こっちも 香りが好きなものです。

ずっと以前は、花王メリットピュールというのが好きでしたが 廃盤になっちゃったみたい。

普通のメリットはシャンプーだけは使ったりします。
コンディショナーは、なんとなく別のものにしたりします。

洗濯用の洗剤やキッチンの洗剤もですが、流行があり 移り変わりがあり なんとなく振り回されるのは 消費者の常。
ときどき ジプシーです。

だから、お気に入りがある今は 少しラッキーです。
プロフィール

ウーロンパンダ

Author:ウーロンパンダ
毎日ご飯。ほんとは 作るより食べるのが好き。
プチ転勤族。ミーハーでマニアックで飽きっぽいけど執念深い。アンビバレントな性格。体動かすのは好きだけど、インドア気味。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる