11月29日の夕飯

イカの刺し身
白菜の中華煮
ワカメの味噌汁
玄米ご飯
 
 
イカの刺し身、久々に作った。
食べようとしたら
 
…つながってる
 
 
 
朝、ヤンさんのお母さんから教えてもらったやり方で ご飯炊いたら、おいしかった
 
前の晩に米をといで、ザルにあげて 冷蔵庫へ。
 
翌朝、普通の水加減で炊くというもの。
 
半信半疑でしたが、なぜか おいしく炊けました
 
 
 
 
11月29日の歩数     3804歩
スポンサーサイト
[2012/11/30 08:30 ] | - | コメント:(2) | トラックバック:(0) |
11月28日の夕飯

トマト味のスープ
アボカド
玄米ご飯
 
 
 
スープには、野菜と牛すね肉を入れました。
 
味見したときに 味がしなかったので 塩麹入れたら  塩辛くなってしまった。
 
 
翌日のお昼は、スープの残りを使った おじやです。
 
 
 
11月28日の歩数    1331歩
 
 
[2012/11/29 16:40 ] | - | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
11月27日の夕飯

牛ステーキ
玄米ご飯
ナメコとワカメの味噌汁
白菜の浅漬け 柚子風味



あまり おいしそうじゃないけど、ステーキです。

ヤンさんが ことあるごとに 「ステーキ食べたい」というので…


健康面を考えて 野菜から先に食べたら、肉にたどり着くときには お腹いっぱいでした



11月27日の歩数 2290歩
[2012/11/28 09:14 ] | - | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
リース


上の写真は、実家に帰ったときに撮った 母作のリース。
 
杉(モミかも)の葉と ホオズキで出来ています
 
電飾ついてます。
 
 
 
その下の写真は、友達んちの玄関にあった、手作りリース。
布で出来ています。
 
何年も前に チクチク縫って作ったものだそうです
 
ヤンさんママからいっぱい柿もらったから、友人夫婦におすそわけを持っていきました
 
ちょっとだけ近況を話したのが、なんだか楽しかった
 
ありがとう
 
 
 
       
11月26日の歩数     4007歩
 
 
[2012/11/26 23:26 ] | - | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
11月26日の夕飯

炒飯
根野菜と鶏モモ肉のスープ
 
 
デザートは 柿
 
ごちそうさまです
[2012/11/26 23:08 ] | - | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
今週のたなくじ

お腹の底から笑いたいね~


今週も はりきってまいりましょ~
[2012/11/26 23:02 ] | - | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
Something・red



週末に 実家で見たものたち。
 
紅葉とか、あまりちゃんと写ってないけど、金魚とか。
 
南天とか
あと 知らない赤い実。
 
 
赤って カワイイ
[2012/11/26 17:06 ] | - | コメント:(2) | トラックバック:(0) |
11月25日の夕飯

ヤンさんのママと 外食

行きたかった蕎麦屋さんが閉まっていたので、和風ファミレスへ。


「お腹減ってない」
とか言いながらも カツカレーを頼んだ私を、ヤンさんが いぶかしそうに見ていました

食べたかったのだよ…少し 残しちゃった。




11月25日の歩数 1352歩
[2012/11/26 16:57 ] | - | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
11月24日の夕飯


自分の実家にて、夕飯

鴨鍋
イカの刺し身
ビールなど



鴨肉は、父がハントしたものです。
11月1日は鴨猟解禁だったからね

父は、ハンターなんです。

私は、ちょっと 鴨肉が苦手です。
ワイルド過ぎるのです、クセがある。

合鴨とは 違いますから

ヤンさんは、鴨肉だいすき
めっちゃ おかわりしていました



11月24日の歩数 829歩



イカの刺し身は、母があしらった 紅葉やアケビの葉が 彩りを添えます
[2012/11/25 23:22 ] | - | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
披露宴にて



11月23日は、ヤンさんの親戚の結婚披露宴でした。
 
 
二枚目の写真は 新婦の親友が作った編みグルミ。
 
祝福の気持ちが伝わります
 
 
三枚目は、自由にとっていいチュッパチャプス
 
私は 厳選して イチゴミルク味を選びました。
 
ヤンさんママは いつの間にか、五個ぐらいもらってきていました 
 
 
[2012/11/24 20:36 ] | - | コメント:(2) | トラックバック:(0) |
| ホーム | 次のページ>>