ボスと大門 

ボスといったら、缶コーヒーだったり 天海祐希のドラマだったりを想像する人が多いのかもしれない。


大門といったら、「私、失敗しないんで。」の大門かもしれない。



子供の頃、「ボス」といったら 『太陽にほえろ!』の石原裕次郎だった。

「大門」といったら、ドラマ『西部警察』の渡哲也だった、




先日、BSで石原裕次郎の特集を見て いろいろ感じるところがあって。




私は若い頃の石原裕次郎は知らなくて、石原裕次郎といえば 太陽にほえろ!のボス役なのでした。

12月28日が石原裕次郎の誕生日だということ、そして没後30年ということで、特別番組をBSでやっていたのを見て、翌日の『西部警察 最終回 大門死す』を見ようと思っていたのに、気づいたら始まっていて途中から見ました。

今思えば「そんなわけないじゃん」っていう場面がたくさんあるけれど、それがおもしろかった。

裕次郎がオープンカーに跳び乗るシーンとか(西部警察?)、裕次郎が医者の役なやつとか好きでした。






何度か小樽には行ったにもかかわらず、裕次郎記念館に行きそびれていたことを、いまさらながら、後悔してしまってます。
スポンサーサイト

Mr.&Mrs.(12月6日) 

ドラマに関することなので、ネタバレ注意です。

なるべく内容は書かないようにしてますけれど、録画してあって後で見る予定の人は、読まないでね~



ドラマ『奥様は取り扱い注意』が最終回!

この終わり方、どーなの?
どー言うことっっっ!?

綾瀬はるかさんのキレがあるアクションが好きです。

スタイルよくてかわいくて、タテがばっちり決まるというギャップがすごくいいです。

終わってしまってさみしい。

西島秀俊の正体に関しては、予想通り




ドラマのこと 

ドラマは好きなのですが、リアルタイムでみるものもありますが 録画しておいて アイロンかけながらとか タティングレースやりながら見たりもします。

そんなわけで、時間差で、ずっと遅れてみたりするわけです。

最近、『視覚探偵 日暮旅人』を見終えました。
松坂桃李のファンではないけれど、彼の優しいときと怖いときの演技のギャップが なんだか好きです。

北村有起哉も 濱田岳も KAT-TUNの上田くんも 好きです。



もう一つ見たもの、『火花』。
又吉直樹原作のドラマ。

途中、挿入歌で『夜空に星がきれい』が流れていました。

もともとは斉藤和義の曲です。

この曲、10年以上まえに 友人Sちゃんとライブに行った時に 聞いて、しみたなーなんて思い出した。

その頃、なれない土地でフルタイムの仕事始めて、新婚で いろいろ自分の中にたまっていたみたいで。

Sちゃんは秋田から 青森まで来てくれたな~なんて。

この歌 火花のなかでは 黒猫チェルシーの渡辺大知が歌ってます。

いろいろ ごちゃごちゃ書きましたが、このドラマを見たきっかけは 又吉直樹の作品に興味があったのと、浪岡一喜さんという恐い顔の俳優さんが好きだからです。






 
5月23日の夕飯。

唐揚げ失敗。


なんか、サクッと出来なかったのです。







湊さん 

先日、テレビ番組『サワコの朝』を見ました。

作家の湊かなえさんを見たかったからです。

湊かなえさんは、イヤミスの女王などと言われていますが、ご本人のキャラクターが かわいらしくて(しゃべり方がかわいい)、なんだかゆりやんレトリーバっぽい。

作品と本人のギャップにやられて、まんまと作品に興味が湧いてしまうのでした。

なんて、言ってるけれど、本は読んでないです。
映像化されたものばかり、見てます。

サワコの朝でも、すてきでした。
淡路島在住なのね。

佐和子さんも湊さんも、服とスタジオの椅子の色が綺麗だなーなんて、色彩マニアの私は思ったのでした。











4月19日の夕飯。

アジのヒラキ





とかく この世は 

好きで見ていたドラマ『カルテット』が先日 最終回を迎えました。

好きなキャストだったので見たのですが、予想以上に 好きになりました。

そして、気付いたのが 忘れていたけれど、私は結構生きにくかったということです。

最終回は ハッピーエンドなのが 嬉しかったです。

何がハッピーなのかは、人それぞれですが。