湊さん
先日、テレビ番組『サワコの朝』を見ました。

作家の湊かなえさんを見たかったからです。

湊かなえさんは、イヤミスの女王などと言われていますが、ご本人のキャラクターが かわいらしくて(しゃべり方がかわいい)、なんだかゆりやんレトリーバっぽい。

作品と本人のギャップにやられて、まんまと作品に興味が湧いてしまうのでした。

なんて、言ってるけれど、本は読んでないです。
映像化されたものばかり、見てます。

サワコの朝でも、すてきでした。
淡路島在住なのね。

佐和子さんも湊さんも、服とスタジオの椅子の色が綺麗だなーなんて、色彩マニアの私は思ったのでした。











4月19日の夕飯。

アジのヒラキ





スポンサーサイト
[2017/04/19 23:37 ] | テレビ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
とかく この世は
好きで見ていたドラマ『カルテット』が先日 最終回を迎えました。

好きなキャストだったので見たのですが、予想以上に 好きになりました。

そして、気付いたのが 忘れていたけれど、私は結構生きにくかったということです。

最終回は ハッピーエンドなのが 嬉しかったです。

何がハッピーなのかは、人それぞれですが。

[2017/03/26 00:11 ] | テレビ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
百均(2月19日)
先日 テレビで 日本の百均の本社を外国の同業者が視察する番組を見ました。

そこで衝撃を受けたのは、某百均大手のバイヤーさんの メイカーさんに対する厳しさ、あたりの強さです。

「このクオリティーで100円は高い」と、責め立てるのでした。

演出とかパフォーマンスかも知れませんが。
何か 意図があるのかもですが。

何気なく買っていたあの可愛いカレンダーも手ぬぐいも こんな戦々恐々としている現場から作られているのかと・・・

熱心だということでしょうが、ちょっと ひいてしまったのでした。






2月19日の夕飯。


生姜焼き



ちょっと濃く出来てしまった。



[2017/02/19 16:43 ] | テレビ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
ゆりやん&ブルゾン
今、テレビ見たら ゆりやんレトリィバァが出てる~

大好きです。

落ち着いていきや~って。

以前 偶然見た ニューヨークに三ヶ月シェアハウスでの滞在っていうので ノックアウトされました。

以来、ファンです。


あと、ブルゾンちえみさん。

セクシーぽっちゃりさん。

with Bも 好きです。

ブルゾンさんは、年末年始のナイナイの番組で知りました。

[2017/02/13 22:20 ] | テレビ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
韓国バージョン(12月6日)
ドラマの『深夜食堂』が好きでした。

先日、韓国バージョンがあるのを発見して録画しておいて見ました。

店主が二枚目過ぎる気がする。
顔の傷が小さいし、小林薫バージョンの方が 好きかも。

でも、面白い発見もいろいろありました。。

韓国でも 幽霊は足がないという定説があるってこと。

あと、お清めには塩とか小豆を使うらしいこと。

それからよくあるのですが、日本語とほぼ同じ言葉がある。
韓国でも、『無意識』はムイシキと言うみたいです。

食堂の雰囲気や 全体の雰囲気は 香港映画の少し前のウォン・カーウァイ監督の映画の中のコミカルな部分みたいでした。

金城武が喋れない青年の役なかんじの。
『天使の涙』かな。

ともかく、韓流のほうの良さもあるけれど、私は 本家の日本の方が好きかな~

お店のかんじは 韓流のほうが おしゃれで小ぎれいです。
ナチュラルっぽい 調理場で。

でも、そもそも 深夜食堂は 日本バージョンのちょっとさびれたかんじがいいんだと思うのです。




12月6日の夕飯。

チキンナゲットなど


オレンジページのレシピから作りました。
豆腐を混ぜ込むのが ふわふわの秘密です。





今週は 朝、ヤンさんを送り出してから の家事の時間は CDをかけています。

いつもはFMラジオやテレビつけていたりなのですが。

この日は 映画『天使の涙』のサントラなどききました。
あと、ニルバーナとかボン・ジョヴィとか。

今週は、『生活に音楽をとりいれる』がテーマなのです。



こころのBGM 『Only You』 Flying Pickets

この曲、冬の雪のイメージです。

映画『天使の涙』のエンディングに流れていました。

『天使の涙』のビデオ持ってるけど 見られません。
なぜなら、VHSだから~
見たいよー


[2016/12/06 22:18 ] | テレビ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
| ホーム | 次のページ>>