リスト
最近 時々つかっているもの。


やることリスト。

ずっと昔に買ったもので、忘れていたのですが どこからか出てきた。

手帳術に則って、付箋で予定をこなしたりしていたのですが、最近あまりうまくいかない気がしていました。

なんとなく、この 子供用みたいな紙に書いてこなしてチェックしていくのが、なんだかいいかんじだなのです。

こんだけこなせたと思うと、嬉しいのです。
付箋だと 剥がして捨てた途端に 忘れてしまうし。

『やることリスト』も 結局 一日の終わりには捨てるけれど、少し こっちのほうが 今の自分に合ってるみたいです。






 




4月26日の夕飯。

糠ニシン
人参サラダ
粕汁(具だくさん!)

スポンサーサイト
[2017/04/27 08:16 ] | 日々の出来事 | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
もちもち鶏の唐揚げ(4月25日の夕飯)

もちもち鶏とは、今はなき番組『はなまるマーケット』のレシピ本からのものです。


鶏胸肉です。
美味しく出来ました。





この日、ツバメを見ました。

いよいよ、本格的な春が むつにも来たんだな~と思いました。



[2017/04/25 16:47 ] | ご飯 | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
金山
少し前に、雑貨屋さんで購入したもの。



津軽金山焼きの箸置き。
リンゴをかたどっているものです。



金山焼きは 青森市に住んでる時に 窯元まで足を伸ばして 少し購入しています。



これは ヤンさんの湯のみ。



オバール型の皿。




小さめの湯のみ(ぐい呑みとして使用)。



こんなかんじです。


雑貨屋さんのオーナーと金山焼きのことで話が盛り上がりました。

金山焼きは 以前は 釉薬をかけないものが一般的でしたが、最近は 釉薬で模様をつけたりするものがあるそう。

そして、少しかわいい感じになったら、若い女の人などに受けがよくなったとか。


金山焼きといえば地味なイメージだったのですが、確かに 地味だけどカワイイテイストにかわってきたかもしれません。

(あ、写真なくてゴメンナサイ。)


金山焼きの器は、雑貨屋さんの人 曰く「料理映えする」。

そうなのです。
この器にいれると、料理がかっこよく見えます。

ちなみに、金山焼きは高額なものもありますが、私が使っているものは 普段使いの安価なものです。








4月24日の夕飯。


豚肉柳川など。

豚柳川は、時々作ります。


以前、角田光代さん原作のドラマ、『彼女のこんだて帖』で見て 知った料理です。






[2017/04/25 16:46 ] | 小物や雑貨、買い物 | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
焼き肉(4月23日)

日曜日、焼き肉やりました。














髪を切ったら、いろいろ褒められます。


美容師的には 吉高由里子なのですが、少し年上の人からは 「南田洋子」とか言われています。

米倉涼子っぽくもあります。

・・・お笑い芸人の永野っぽくもある。



短くしたら、意外に邪魔です。

長いと結んじゃえばいいから。

跳ねるしね。




続きを読む
[2017/04/23 22:31 ] | ご飯 | コメント:(4) | トラックバック:(0) |
1年ぶり(4月22日)
久しぶりに、髪を切りました。

行きつけの美容院に実に1年ぶりぐらいに行きました。

ロングだった髪をショートボブにしました。

劇的にシャンプーが楽になりました。



行きつけの美容院は、駅の割りと近くから
ちょっと違うエリアへ移転してから、私は初めて行きました。

昔は、ちょっと隠れ家的であやしかったのですが、今は 少し明るい感じに変わりました。

漫画がたくさんあったり、店長さんの好きなフィギア(ジョジョの奇妙な冒険の)やスターウォーズのグッズが飾られているせいか、中高生の少年が来ていたり、お母さんに連れられた小学生が来たりしていました。
(今までの店ではありえないことだったのです。)

そんな感じなので、今までより静かにしてるかと思いきや、店長さんは今まで通り。

途中から、Perfumeの歌を歌い出したりして(店長さんは私と同年代の男の人)、相変わらずで安心しました。




カットと縮毛矯正をしたのですが、4時間ぐらい美容院にいました。

漫画の『宇宙兄弟』読んでて入り込みすぎてちょっと泣いたりしていました。


美容院、満喫です。

久しぶりに青森市に行ったのに、美容院だけで終わってしまいました。


夜、会合後のヤンさんを拾って むつまで運転して帰りました。


帰宅後の軽食とワイン。









[2017/04/23 10:20 ] | 日々の出来事 | コメント:(2) | トラックバック:(0) |
| ホーム | 次のページ>>